理想の住宅を手に入れるコツ

>

これから家族が増えるかもしれない

足腰が弱っていても大丈夫

健康な人なら、何も気にせず住宅の中を歩けると思います。
しかし高齢になり足腰が弱っている人は、少しの段差でも足を上げるのが辛いですし、廊下で躓き転んでしまうかもしれません。
転んで骨を折ったり頭を打ったりする事故を避けるために、手すりを備えてください。
それが、バリアフリー機能です。
高齢者は些細なことでも重大な事故に繋がりやすいので、事前に対策をしなければいけません。

他にも階段の段差を低くしたり、思い切って段差をなくしてスロープにしたりすると良いですね。
バリアフリー機能があれば、足腰が弱い高齢者でも1人で移動できるので助かります。
また介護の負担を削減できる面もメリットで、ストレスなく一緒に暮らせるでしょう。

子供が生まれる場合

今後子供が生まれたら、子育てをしながら家事をしなければいけません。
負担が大きいので、楽に子育てができるように考えて新築戸建てを建てましょう。
おすすめは、キッチンからリビングの様子を見られるようにすることです。
すると料理をしながら子供が遊んでいる様子を見守れるので、事故が起こりそうだったらすぐ助けに行けます。
親が少し目を離した隙に、子供が事故に遭う事例が増えているので気を付けてください。

さらにキッチンは、IHコンロにするのがおすすめです。
すると火が出ないのでヤケドをする心配がありませんし、ロックを掛けると子供のイタズラを予防できます。
さらにIHコンロにすると、掃除が楽になる面もメリットだと言われます。


TOPへ戻る